「何かに使えそう」と思って、捨てずにとってある物を捨てる!

未分類

20150816_170056

クッキーが入っていた空き缶やプリンの空き瓶。何かに使えそうだからと思って、捨てずにとっておいても使うことってほとんどないですよね。

一つや二つならそれほど部屋のスペースを圧迫しませんが、積り積もると部屋のスペースを圧迫する原因になってしまいます。

そんな眠っている物に部屋を占拠されないためには、思い切って一気に捨ててしまうしかありません。

そこで今回は、どんな物を捨てたらよいか、そして今後、それらを増やさないためにはどうしたらよいかをご紹介します。

どんな物を捨てたらよいか

代表的な何かに使えそうだけど、ほとんど使うことがない物を集めてみました。一つや二つは家にあるのではないでしょうか。

お菓子などの空き缶、空き箱

眠っているクッキーやせんべいなどの空き缶、家にありませんか?特に、ディズニーランドのお菓子の空き缶。あれって絵柄が可愛いからなんとなく捨てるのが惜しい気持ちになりますよね。

でも、何かの小物入れになりそうと思ってとっておいても、使うことはないのでは?空き缶が出たタイミングで何に使うかイメージできなかったらその後使うことはほとんどないと思います。

今使っていない空き缶があったら迷わず捨ててしまいましょう。

家電製品などの段ボール

パソコンの段ボール、家にありませんか?特に、apple製品の空き箱。apple製品は、箱もオシャレなので、ちょっと捨てるのが惜しい気持ちになりますよね。何かに使えるかもと思わなくても、とりあえずとっておこうと思ってしまいます。

でも、そう思って保管しておいても使い道がないので、結局捨てることになります。数か月保管しておいてもどうせ使わないのですから、中身を取り出したら捨ててしまいましょう。

クリーニング屋のハンガー

クリーニングから戻った服をそのまま保管している方は多いです。クリーニング屋の針金やプラスチックのハンガーのままスーツやコートなどの重さがある衣類を長期間保管すると型崩れの原因になってしまいます。

クリーニングから戻ったら、厚みのあるハンガーに交換し、ビニールのカバーは通気性のよい不織布のカバーに取り替えましょう。そして、クリーニング屋のハンガーは溜まっていく一方なので、必要以上に保管しないようにしましょう。

使わくなった電化製品

使わなくなった電化製品は、何にも使えません。捨てちゃいましょう。例えば、掃除機を買い替えたとします。古い掃除機は、どこかの掃除用に使えるかもしれないと思って保管しておいても、どこかの掃除をするときに使うのは新しい掃除機です。

新しい物があれば、新しい物を使いたくなるのが人情です。

もらい物のタオル

御年賀などでもらうタオル。タオルとして使うには、薄くて使いにくいですよね。雑巾として使えるかなと思って捨てずにとっておいても、使うより増えるほうが多いのではないでしょうか。

そのような場合は、1~2枚だけ残し、あとは捨ててしまいましょう。何十枚もあったところで使うことはほとんどないと思いますよ。

スポンサーリンク

何かに使えそうグッズを捨てるタイミング

何かに使えそうだからとっておこうグッズを捨てるタイミングは、その物の役目が終わったときです。

役目が終わったときが捨てどき

例えば、クッキーの空き缶。クッキーを入れておくのが空き缶の役目です。その役目を果たしたら、空き缶の仕事は終わりです。そのタイミングで捨てましょう。それが物を溜めこまないコツです。

apple製品が入っていた箱も、あなたの手に届くまで中身を守るのが役目です。あなたの手に届いたら箱の役目は終わりです。素敵な箱でも、新しい役目を見つけることができなければ、ただの箱です。

もらい物のタオルもタオルとしての役目よりも、タオルを渡す側が、挨拶の際に気持ちの表れとして渡す役割のほうが大きいのではないでしょうか。雑巾にもなれず、押し入れに眠ったままではタオルが不憫です…。

具体的に何に使うかイメージできないとき

「何かに使えるかもしれない」ではなく、「そうだ、あれに使おう」と思えるときは捨てる必要ありませんよね。具体的に使うイメージが思い浮かぶのであれば、それは使われます。

問題なのは「そうだ、あれに使おう」とイメージできないときです。何に使うか具体的にイメージできないとき、物が使われることはほとんどありません

なので、クッキーの空き缶がでたとき、それを何に使うか具体的にイメージできたら捨てない、イメージできなかったら捨てるようにするとよいです。ほとんどの場合、何に使うかなんてイメージできないのではないかと思います。

まとめ

部屋を見回してみると、使えそうだからと思って捨てずにとってあるけど、使わない物って多いのではないでしょうか。まず、それらの物を思い切って捨ててしまうだけでもスッキリしますよ。

シェアする