「たたむ」と「つるす」では収納できる服の数が5倍も違う!

未分類

クローゼットに服が入りきらなくて困っている人に試していただきたいのが「たたむ」収納。ワイシャツとか、たたむのが面倒だから、ついつい、つるして収納したくなりますよね。できることなら、すべての服をつるして収納したいところですが、そうもいかないのが現実。クローゼットのポールには限りがあります。

仕方なく部屋にパイプハンガーを置いて、クローゼットに入りきらない服をつるしている方も少なくないのではないでしょうか。そのような方にこそ、たたむ収納を試していただきたいと思います。なぜなら、場合によっては、パイプハンガーがいらなくなり、クローゼットにすべての服がすっぽりと収まってしまうかもしれないからです。パイプハンガーがいらなくなれば、部屋がすっきりと広くなります!

「本当にそんなに違うの?」と思っている方もいるかと思いますが、たたむ収納とつるす収納では、思っている以上に収納できる服の数が違います。これから実際に、どのくらいの差があるのかをお見せします!「え、そんなに違うの?」と思うこと間違いなしですよ。

「たたむ」と「つるす」を比較

それでは、「たたむ」と「つるす」でどれくらい収納できる服の数に差があるのかを比べてみたいと思います。今回は、ワイシャツで、どのくらいの差があるのかを比べてみますね。

つるす収納の場合

つるす収納の場合、高さ90cm、幅30cm、奥行50cmのスペースに収まるワイシャツの数は、10枚くらいです。

20150818_232222

15cmでワイシャツ5枚です。なので、30cmだと10枚になります。取り出しやすいように余裕を持たせるならこのくらいが丁度いい感じです。

20150818_232056

ギュウギュウにつめた場合だと、10cmで5枚、30cmだと15枚がやっとの感じです。

20150818_232022

たたむ収納の場合

たたむ収納だと、高さ20cm、幅30cm、奥行45cmのスペースに収まるワイシャツの数は、14枚くらいです。つるす収納の場合と奥行きが違いますが、それは考慮しないものとします。

20150818_232222

収納ケースの中がこちら。ワイシャツが14枚収納してあります。取り出しやすいように余裕を持たせてあるので、つめれば16枚は入ります。さらに、ギュウギュウにつめれば18枚はいけると思います。でも、詰め過ぎると収納するのも大変ですし、取り出すのも一苦労なのである程度余裕を持たせて収納するのがよいです。

20150818_233329

ちなみに、使っている収納ケースは、無印良品のPPクローゼットケース。買ってから5年くらい経ちますが、あと10年くらい使えそうな感じです。

「たたむ」と「つるす」の差は?

それでは、同じくらいのスペースを使った場合、収納できる服の数にどのくらいの差があるのか比べてみましょう。

  • つるす収納:高さ90cm、幅30cmのスペースに収納できるワイシャツの数 → 10枚
  • たたむ収納:収納ケースを4段積み重ねると高さ80cm、幅30cmになります。収納できるワイシャツの数 → 56枚

tatamu-tsurusu

ということは…  同じくらいのスペースを使った場合、なんと約5倍の差があります!つるす収納が15枚だとしても、約3倍くらいの差があります。どうですか?思ってた以上ではないですか?

スポンサーリンク

幅90cmにしたとすると・・・

これを幅90cmにしたとすると、つるす収納では30枚、たたむ収納では168枚となります。その差、なんと138枚!

tatamu-tsurusu2

一般的なパイプハンバーの横幅は90cmくらいなので、ワイシャツであればギュウギュウにつめたとして40~50枚くらいはつるせます。でも、たためば収納ケース3~4個に収まり、スペースは3分の1くらいになります。収納ケースをクローゼットにうまいこと収納できれば、部屋からパイプハンガーが消えてスッキリするかもしれませんよ。

まとめ

クローゼットに服が入りきらなくて困っている人は、「たたむ」収納を試してみてはいかがでしょうか。確かに、たたむのは面倒です。でも、ひと手間をかけるだけで、溢れかえっている服がなくなりスッキリすること間違いなしですよ。

シェアする