部屋干し便利グッズ。生活感漂う鴨居の洗濯物を解消!

リビング

20150823_123225

ちょっと奥さん、お宅の洗濯物、こんなことになっていませんか?

洗濯物が干してある姿って、めちゃめちゃ生活感が漂いますよね。できることなら、洗濯物はあまり目の付かないところに干しておきたいもの。でも、部屋の中を見回してみてもそんな場所ってないんですよね。で、仕方なく鴨居を使うことになるのですが、見た目がよくない…。しかも、邪魔…。

わが家も仕方なく鴨井を使って洗濯物を干していました。でも、さすがになんとかしたいと思い、パイプハンガーみたいな置くタイプの洗濯物干しを買いました。でも、あのタイプの洗濯物干しは、鴨井に干すよりもよくなかったです。

洗濯物を干していないときでも、部屋にドーンとあるので邪魔でした。折りたたむこともできましたが、洗濯する度に広げたり畳んだりするのはとても面倒。ただでさえ面倒な洗濯が、さらに面倒になりました。

そんな問題をなんとか解消できないものかと思い、ネットで探したらいいものがありました!

部屋干しに窓枠物干し

部屋干しに欠かせないアイテムがこちら。窓枠物干しです!

20150823_123652

窓枠物干しのここがスゴイ!

取り付けが簡単

取り付けるのは、とっても簡単。つっぱり棒の要領で取り付けるだけ。器用な方なら、20分もあれば取り付けできますよ。

物干しの高さを自由に調節できる

物干しの高さを自由に調整できるのもありがたいです。自分の身長に合わせて高さを調節すれば、洗濯物を干すのがラクになります。干しやすい高さに洗濯ハンガーがあるのってとてもラクです。

使わないときは目立たない

使わないときは、物干し竿を支える部分がクルッと上に向くのですっきりと収納できます。カーテンで隠せばほとんど見えなくなってしまいます。出番のないときは、ひっそりと影を忍ばせているのに、いざ出番となったら大いに活躍する頼れる奴です。出番のないときでも部屋をドーンと占拠するパイプハンガーみたいな物干しとは大違い!

陽にあてることができる

さらに、窓枠に設置するので、日当たりのよいご家庭なら、洗濯物をお日様にあてることができます。窓を開けて置けば、ベランダに干しているのと一緒です。

20150823_123813

窓枠物干しのここが残念

付属の物干し竿が細いので、洗濯物が多すぎるとしなります。でも、2回分の洗濯物を干しても折れはしないのでそれなりの強度はあります。メーカー発表によると、竿一本あたり12キロまで大丈夫とのこと。

スポンサーリンク

物干し竿が2本タイプ

物干し竿が2本のタイプと1本のタイプがあります。それぞれ、高さが1m90cmまでのものと、2m60cmまでのものがあります。わが家で使っているのは、物干し竿が2本のタイプ。バスタオルとかを干すなら、2本あったほうが便利です。

高さが190m〜260mがこちら。

物干し竿が1本タイプ

高さが190m〜260mがこちら。

これを買うまでは、洗濯物を「干していること」がとてもストレスだったのですが、一気に解消しました。これがあれば、明日からの洗濯ライフがもっとよくなりますよ!

シェアする