掃除するのがめんどくさい!やる気がでないときの対処法

未分類

掃除が面倒なときってありますよね。始めてしまえばどうってことないのに、始めるまでが面倒なんですよね。

「そうそう、そうなのよー」と思ったあなた!「めんどくさーい」って思うのは、掃除を始める前ですよね。いざ、はじめてしまえば、面倒な気持ちって少なくなりませんか?始めるまでは面倒でも、やり始めると夢中になってしまったりする方もいるのではないでしょうか。

掃除に限らず、何事もやり始めるまでが面倒なんですよね。ならば、やり始めてしまえばいいだけのような気がしませんか?

考えれば考えるほど面倒な気持ちは増える

面倒な気持ちって考えれば考えるほど増えてしまうのもです。あれをやって、これもやってと考えていると面倒な気持ちがどんどん増えていきます。

そんなとき、どうしたらよいのか?

私が実践している方法は、「何も考えず、すぐ行動する」という方法。もう修行僧のように無心になって、何も考えず、とにかく体を動かし始めます。

人は、何かを行おうとするとき、まず最初に、やることをざっくりとイメージしますよね。例えば、洗濯であれば、ワイシャツのシミ抜きをして、洗剤を入れて、ボタンを押して、終わったら干して…。もう考えただけで面倒です。しかも、考えれば考えるほど、面倒になてきます。

だから、面倒と思ったときは、何も考えず、すぐに始めてしまうのが一番です。あれをして、これをしてなんて考え始めると、考えた分だけ面倒な気持ちが増えていきます。面倒な気持ちは後回しにすればするほど増えていくものです。1が2にになり、2が4になり、4が8になり…、面倒くささの倍々ゲームです。

めんどくさいと思ったときは、その気持ちが増えていくまえに行動してしまう。それしかなさそうです。結局のところ、気持ちの問題ですからね。

スポンサーリンク

シェアする